上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K様邸の完成ももうすぐ、外部ではウッドデッキの工事が始まっています。
リビングと一体化するウッドデッキスペースどんな使い方をされるのでしょうか?

IMG_2580.jpg

玄関のポーチの下打ちコンクリートの準備です。
ベースにアンカーを打ち込んで縁が切れないようにしています。

IMG_2579.jpg

完成間近、各部のチェックを念入りに最後の詰めに入りました。
スポンサーサイト

【2011/04/09 07:30】 | K様邸新築工事
トラックバック(0) |
冬に逆戻りしたような寒空、薄っすら積もった屋根の雪を流水で流し太陽光パネルの設置工事をしました。

屋根の上に架台を取り付けるための金具を割付てセット
IMG_2532.jpg
当社では屋根素材にビス穴等を空けない取り付け金物を使うので雨漏り等の心配がありません。

パネル架台を水平に気をつけながら取り付けていきます。
IMG_2534.jpg

そしてパネルを配線しながら取り付け
IMG_2535.jpg

パネルがすべてセットされました。
IMG_2536.jpg
3.7KWの太陽光発電システムです。新築の建物に載せる場合は180万~190万円で乗せることが可能です。

【2011/03/09 18:01】 | K様邸新築工事
トラックバック(0) |
K様邸の現場では内外装の工事が進んでいます。

内部では吹き抜けの勾配天井やガラスブロックが取り付けられる開口部などが出来上がってきました。
110223004.jpg

110223002.jpg
この開口部に施主様お気に入りのガラスブロックが取り付けられます。

外部ではサイディング工事が始まりました。

110223003.jpg

重厚感のある堀の深いデザイン、出来上がりが楽しみです。

【2011/02/27 09:27】 | K様邸新築工事
トラックバック(0) |
先日、K様邸では吹きつけの断熱工事を完了させました。
屋根は160mmの厚みのウレタンフォームを壁は75mmのウレタンフォームを吹きつけ施工
隙間無く吹き付けられた断熱材でここ山岡町の寒冷地域でも暖かく過ごしていただけるとおもいます。

110202069.jpg

この写真は屋根裏の施工状況、断熱材が壁から屋根へ連続して施工されているのがお分かりでしょうか?

110202078.jpg
この写真は壁の施工状況、厚さ75mm以上(実際は平均90mm)に吹き付けられた断熱材が換気扇のダクトなどの廻りも隙間無く施工されているのがお解かりいただけると思います。

住宅の耐久性は木材の耐久性無しには語れません、15㌫以下に乾燥させた木材を使うことで、木材を腐らせる腐朽菌である菌糸類を極力死滅させ、さらに構造躯体に隙間を作らない様にして結露を発生させない、それが長期に渡り建物を守る秘訣です。
サンキホームでは様々な工夫をこらし安心して住んで頂ける住宅を目指します。

【2011/02/02 17:34】 | K様邸新築工事
トラックバック(0) |
1月18日K様邸工事現場では構造検査が実施されました。
第三者検査員による躯体の検査です、主に構造金物の取り付け位置が適切であるか数は図面通りか
などのチェックを行います。
あらかじめ自主チェックをしていたため問題なく合格です。
110118004.jpg

検査合格後は換気扇のダクト類や電気配線などを終え断熱材の吹き付け準備をしていきます。

この物件では「木の家整備促進事業」の取り扱いであるため構造見学会を開催して一般公開することになっています。
今月1月22日から2月にかけて公開しておりますのでご希望の方はお気軽にお電話下さい。

110118011.jpg

現場見学会
現場:岐阜県恵那市山岡町 
問い合わせ:サンキホーム有限会社 TEL 0574-61-2070

【2011/01/20 12:14】 | K様邸新築工事
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。