上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりで大事なことは沢山あります。

デザイン、間取り、断熱、中でも基本中の基本 雨風をしのぐということ。

「雨漏りしない家」当たり前のようですが新築なのに雨漏りする家がたくさんあるんです。

普段は漏らないのに横風が吹くとどこからか雨水の浸入があったり、室内には侵入してなくても壁の内側(目にみえない所で)雨水の浸入があったりとか。

だから外壁材を施工する前にはすごく気を使います、屋根と壁の接続部、バルコニーと壁の接続部、窓の取り付け部、換気扇やエアコン配管ダクト周りの壁貫通部などなど

以下の写真はその一部です、こういった処理は手間のかかる部分なのですが漏水の危険が格段に下がります。

P1280916.jpg
(サッシ取り付け部の水切りシート、漏水というよりも金属の結露水を木部と接触させない役割が大きい)

IMGP8459.jpg
(バルコニーのドレン(排水管)壁貫通部、透湿防水シートの下に防水専用シートを張り更に防水気密テープで菅周りからの雨水浸入を防止、右上に見える細い菅は万が一ドレンが葉っぱなどでふさがった場合に室内に雨水が浸入しないようにするためのオーバーフロー水を逃がす管です。

エアコン用・傾斜パイプ気密テープ状況
エアコン配管用の専用防水ダクト、換気扇ダクトはもちろん小さなダクト廻りも念入りに、エアコンを量販店で後付する場合はダクト廻りの防水が実質できないので注意しましょう。

こうした施工状態を見学するのには構造見学会が一番、問い合わせくだされば現場にご案内いたします。
お気軽にお電話下さい。 0574-61-2070
スポンサーサイト

【2012/02/02 17:28】 | 頑丈な家作り
トラックバック(0) |
可児市内で構造見学できます。

現在建築中の千金堂の家 構造見学するのにグッドタイミングです。

是非みて見たい、見学して見たいと思われる方はこの機会にご覧下さい。

期日を決めて開催はいたしませんので是非お電話にてご予約いただきたいと思います。

詳しくは サンキホームトピックスをご覧下さい。

開催日時 H24年1月6日より
TEL 0574-61-2070

【2012/01/07 17:09】 | 頑丈な家作り
トラックバック(0) |
現在建築中の千金堂の家 構造見学するのにグッドタイミングです。

是非みて見たい、見学して見たいと思われる方はこの機会にご覧下さい。

期日を決めて開催はいたしませんので是非お電話にてご予約いただきたいと思います。

詳しくは サンキホームトピックスをご覧下さい。

開催日時 H24年1月6日より
TEL 0574-61-2070

【2011/12/28 16:21】 | 頑丈な家作り
トラックバック(0) |
シロアリ被害の防止や腐朽菌から建物を守るためサンキホームでは玄関の土間下部に土間パネルを使っています。

土間パネルとは何?=普通の工法では玄関の土間下は砕石や土を入れてその上にコンクリートを打ち込みタイル等で仕上げを施します。
しかし玄関框付近は土台とコンクリート床面が近く、さらに土間は水洗いしたりするためシロアリの被害や腐朽菌による土台の腐りが発生しやすい場所です。

で、サンキホームでは建物外周基礎内部には腐れやシロアリの卵等が含まれているかもしれない土や砕石を入れないで済む土間パネルというものを使うのです。

IMG_0182.jpg

この上にコンクリートを打ち込みタイル等で仕上げます。
丸い穴はコンクリートが詰まって柱状になります。

サイドから見ると

IMG_0183.jpg


これだけの空間ができています、普通はこの部分に砕石や土が敷きこまれるのです。
お客様に末永く安心して暮らしていただけるよう見えない部分にも心を込めて。

サンキホームのリフォームページが内容を充実させてリニュー アルオープン
期間限定のお買い得商品コーナーなども取り揃え公開です。 一度見てみてね.
http://www.sunki-reform.com/

可児市、美濃加茂市、御嵩町、土岐市、多治見市

【2011/12/14 15:13】 | 頑丈な家作り
トラックバック(0) |
昨日、またもや大きな地震が起きてしまいました。
被災地の皆様の心中はいかばかりかと、言葉もありません。

自然のエネルギーの前では、人間の英知など微々たる物であるとは思いますが、それでも少しでも安心して暮らせるように全力を尽くす他ないでしょう。

以前にも書かせていただいたと思いますが、地震や、台風などの自然界の力は想像や想定を遥かに超えたものです。お客様の「この家は震度いくつまで耐えられるの」というご質問には「震度7を想定しておりますが、地盤や、立地によっても建物や基礎に及ぼす影響は計り知れません、屋外に脱出できる時間を稼げる建物こそ、命を守るということではないかと考えています」とお答えさせていただいております。

大きな地震が起きれば、建物自体も無傷と言う事はありえません。
家屋は、地震保険などに加入していれば保障も受けることができますが、一度失った命は二度と戻りません、だから、脱出できる時間を確保する事が大切だとおもいます。

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ←クリックしてみてね。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ清流に鮎を求めて←こちらもよろしく

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2007/07/17 15:36】 | 頑丈な家作り
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。