上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨仕舞続き 

サッシ下部に水切りシートを取り付けた後は透湿防水シートを外壁面にはりつけます。このシート(サンキホームではタイベックを使用)湿気は外部へ排出しますが、水は通さない構造になっています。建物の外壁は雨水が侵入することは皆無ではないので、(笠木や水切りなど強風時には雨水が吹き込む事がある)万が一雨水が侵入しても、建物内部にまで雨水が入らないように施工する事が大事です。現在家を建築中の人は一度窓周りや、バルコニーの笠木の周りなど、きちんと施工されているかチェックしてみてください。
窓廻り防水

窓廻り防水アップ

サッシ廻りの黒い部分は防水の粘着テープです。この現場では外側に貼ってありますが、両面粘着テープで内側に貼られている場合もあります、この場合は外部からテープの黒い部分は見えません。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2006/09/25 23:04】 | 工事日記(モデルハウス)
トラックバック(0) |
雨仕舞い

サンキホームの建てる家は雨漏りの原因になる部分のおさまりに特に注意して施工します。その一例がサッシ周りの水切りシートの取り付けです。サッシの下部と本体の間にブチルゴムを繊維補強した防水シートを貼り付け、コーナーを防水気密テープで補強してからサッシをとりつけます。それから透湿防水シートを外壁全体に貼り付けます。(その工程はまた後ほど)

本体に防水シートを取付
20060923122519.jpg


サッシ取付
20060923122949.jpg


内部側

20060923123054.jpg

こうして2重3重の漏水対策を施していきます。
この水切りシートはサッシの金属部が結露した場合でも、直接木材に悪影響を及ぼすのを防止する役割もあります。

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2006/09/23 12:35】 | 工事日記(モデルハウス)
トラックバック(0) |
構造金物

上棟が終わると構造計算書に基づいて配置される構造金物を取り付けていきます。図面とにらめっこをしながら忘れがないか確認しつつ作業を進めます。構造金物の役割は地震や台風などで建物に力が加わった時に柱と梁、土台と柱など構造体が引き抜けたり、離れたりしないように取付られるものです。ですから、形も大きさもそれぞれの箇所に合わせた形状、強度になっています。ちなみに次の写真は、胴差(梁)と柱、筋交に取り付けられた金物です。 
構造金物1

この部分だけでも結構な量の金物がつかわれます。その他色々な形状の金物がありますから順次紹介していきます。


FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2006/09/16 12:07】 | 工事日記(モデルハウス)
トラックバック(0) |
建て方(上棟)開始

いよいよ建て方開始です。天候には恵まれ上棟日和です。大量の木材が
クレーンで次々運ばれ、6人の大工さんによって所定の位置に組まれていきます。
建て方開始

工事看板もセットしました。

工事看板

9月4日の様子 柱がどんどん立てられていきます。20060905222556.jpg

立て方中の大工さん

9月5日は主に2F、屋根部分を組みました。大分家らしくなってきました。
全景

今回屋根の断熱に遮熱という要素を取り入れました。これは輻射熱をはね返してしまおうというもので、屋根において効果が高いと思います。今回採用した部材は遮熱と通気層の確保も同時に取れるので効果がたのしみです。
遮熱材

銀色の反射鏡のようなものなので、顔は熱いし、目がくらみます、施工時はサングラスをした方がいいかもしれません。
こんな通気層ができます。通気層

イノスの家は構造金物が多く使ってあり建て方は大変なのですが、大工さん暑い中本当にご苦労さまでした。

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2006/09/05 22:53】 | 工事日記(モデルハウス)
トラックバック(0) |
土台が基礎の上に載りました。

昨日、今日と土台を基礎上にセットする作業をおこないました。
作業工程は、基礎の上に土台の載る位置の線を引きます。この作業は墨出しといいますが、基礎がきっちり設計通りできているか緊張の時間です。それと高さがきっちりあっているか同時にチェックします。最近の木造建築は、剛床(ごうしょう)といって2階の床は24mm~28mmの合板を直接施工する事が多いので、基礎の水平精度が直接床の水平精度に直結します。チェックの結果は墨出しOK、水平レベルも+-1mm以内に収まり一安心、土台の準備にかかります。土台を基礎の上に載せる前に防蟻剤の塗布をします。もちろん土台の継ぎ手や小口もきちんと塗らなければなりません。
防蟻剤塗布

黒い四角のプレートは基礎パッキンといって、硬質樹脂のプレートです
20mmの厚みが有り、基礎と土台が直接接触するのを避け、土台の乾燥と床下への通気を、従来の換気口ではなく、外周全域から確保するための技術です。合わせて従来の換気口を設けるために基礎の一部をくり貫いていたのが必要ないため、頑強な基礎構造となります。

20060903220556.jpg

明日はいよいよ上棟です。 無事に終わりますように。

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2006/09/03 22:10】 | 工事日記(モデルハウス)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。