上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母屋部分の基礎配筋も完了して、社内検査と第三者機関の検査を受けました。IMGP2894.jpg

鉄筋の定着(継ぎ手の鉄筋同士の重なり)の長さや鉄筋のピッチなど細かくチェックします。
IMGP2880.jpg
コーナー部継ぎ手
IMGP2878.jpg
底盤部の鉄筋ピッチ
IMGP2887.jpg
開口部(人通口)の補強筋

その他いろんな検査を受けて合格しないといけません、結果は? もちろん◎
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ清流に鮎を求めて←こちらもよろしく

スポンサーサイト

【2008/05/29 17:48】 | O様邸工事日記
トラックバック(0) |
基礎工事も鉄筋の配筋工程に進んでいます。
IMG_0918.jpg

ベース部分(べた部)の配筋も終わり給排水管のスリーブを入れているところです。基礎部が弱くならないよう間隔や補強鉄筋を入れながらの作業となります。このスリーブの中を配水管や給水管が通りメンテナンス時に管が取り替えられる様になっています。

立ち上がり部分の鉄筋も施工され始めました。
IMG_0919.jpg
こうして建物を地盤から支える強固な基礎が出来上がります。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ清流に鮎を求めて←こちらもよろしく

【2008/05/27 08:18】 | O様邸工事日記
トラックバック(0) |
ステコンクリートを打設してすみ出し(型枠の位置や鉄筋配置の基準出し)をします。
IMG_0915.jpg

この基準線に合わせて基礎の工事は進められます、いわば基礎の基礎

既存擁壁の補強(コーナー部)完了しました。工程は以下
IMG_0907.jpg
まず控えブロックを撤去、中の鉄筋を利用してL型擁壁のベースと鉄筋で繋ぎます。
IMG_0909.jpg
この後型枠をセット
IMG_0910.jpg
コンクリートを流し込み
IMG_0912.jpg
出来上がりがこれです。
IMG_0914.jpg
これでL型擁壁と弱いCB擁壁のコーナー部を土圧から守ります。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ清流に鮎を求めて←こちらもよろしく


【2008/05/23 11:29】 | O様邸工事日記
トラックバック(0) |
基礎工事は砕石の転圧工程です。
IMG_0901.jpg

砕石を規定の厚さに施設して
IMG_0902.jpg

転圧していきます。
IMG_0905.jpg

綺麗に全体を転圧された状態がこれ
IMG_0908.jpg

基礎はべた基礎なので砕石は全体に敷設されます。この後外周部の捨てコンクリート(型枠や鉄筋配筋の位置だしをするためのもの)を打設します。
本日はここまで。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ清流に鮎を求めて←こちらもよろしく


【2008/05/21 17:06】 | O様邸工事日記
トラックバック(0) |
O様邸基礎工事が始まりました。
と、その前に既設ブロック擁壁のベース部分の調査です。
車庫の建てられる部分のL型擁壁とブロック擁壁のコーナー部分を重機で掘ってみました。
むむ?ベース幅が40cmしかありません、高さ1m20cmの擁壁にこれでは貧弱です。
IMG_0896.jpg

すぐにO様に連絡して補強工事のご提案をすることに。

ということで母屋の基礎の掘削工事を進めます。
IMG_0897.jpg
地面に建物の配置を印して高さを測りながら掘削の開始です。
IMG_0898.jpg
何事も基礎が肝心、慎重に進めます。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ清流に鮎を求めて←こちらもよろしく



【2008/05/17 15:57】 | O様邸工事日記
トラックバック(0) |
O様邸新築工事はライフラインの引き込み(電気、水道)が終わりいよいよ本体の工事準備に。

まずは基礎工事の前に給配水管の埋設に取り掛かりました。
O様邸新築工事 001

連休明けには浄化槽の埋設、中旬からはいよいよ基礎工事へと進みます。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ清流に鮎を求めて←こちらもよろしく

【2008/05/01 09:39】 | O様邸工事日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。