上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産を扱う企業や分譲住宅を手がけている大手住宅会社が倒産、そんなニュースが飛び交っています。

それぞれ急激に業績を拡大、去年の上半期あたりは最高の売り上げ、なんてところが一気に倒産に追い込まれています。

そんなニュースを見ながらやはり事業は派手さはなくても地道が一番と思うのでした。

住宅業界のみならず、食品の産地偽装など企業のコンプライアンスが失墜している昨今
そんな時代だからこそ原点に立ち返りお客様のお役に立てる企業経営をしていかなければ社会から退場を余儀なくされる。

政治の世界もそろそろ退場?
スポンサーサイト

【2009/01/10 10:58】 | ひとりごと
トラックバック(0) |
みなさま あけましておめでとうございます。

2009年、大変な年明けとなってしまいました。

金融危機で始まった世界的な大不況、残業カット、稼働日数の削減さらには人員整理と泥沼の状態です。

住宅業界にも当然影響してくることは間違いのないことなのですが、衣食住の住、生活にかかるコストで一番大きなものの一つです、我々もだいじょうぶか?

住といえば、年末からの派遣切りで住を失った人々、住所がないと次の就職もままならない
思うに例の2兆円そうした方々の住居の確保や、運営費に使ったら?
民間のアパートなんかも派遣切りのあおりで契約(派遣会社との)解除が進んでいるみたい
空室が目立つようになってきた、その一助にもなるし。

100年に一度の未曾有の危機なら思い切ったことやってよね、麻生さん。

【2009/01/07 09:46】 | ひとりごと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。