上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、立上り基礎の生コンを打設しました、雨が心配でしたが工事中は雨も降らずに安心しました
ポンプ車から生コンを送り流し込んで、バイブレーターで振動を与えながら生コンを均一に攪拌します
バイブレーターは1ヶ所に付き約10秒ほど振動させます



IMGP8168_convert_20090929180805.jpg
生コンを流し込んだあと、水平の確認をしながら鏝で均していきます
IMGP8172_convert_20090929182313.jpg
こちらが生コン打設後の写真になります、アンカーボルトの高さ、位置ともバッチリです

IMGP8176_convert_20090929190255.jpg
スポンサーサイト

【2009/09/29 19:05】 | T様邸工事日記
トラックバック(0) |
構造用金物の取付が始まりました
梁と梁を固定する金物で短冊金物といいます、外部側、内部側に取付けをします
地震に対する揺れにも強固な金物です,大きな梁に取り付けられているのは梁受け金物、ボルトでは
緊結力が足りない時に使用します。
IMGP8205.jpg


こちらの写真は両引きホールダウン金物といいます
1階と2階の柱を固定します、構造計算で決められた位置に取付けをしていきます
他に柱と梁、柱と土台を固定する金物をこれから取付けをしていきますが今週末までに取付けが完了する予定です
IMGP8197_convert_20090929175606.jpg

【2009/09/29 18:02】 | N様邸工事日記
トラックバック(0) |
基礎立ち上がり部の施工です。
アンカーを所定の位置にセット、鋼製の型枠を墨付けしたラインに沿って組みつけてゆきます。
アンカーセット状況ー4
アンカーをセットした状況写真 高さや位置などチェックです。

立上り型枠状況ー1
組み込んだ型枠、基礎巾160mm、鉄筋のコンクリートとの被り厚も入念にチェックです。

各所検査をしてコンクリートの打ち込みを待ちます。お天気はどうかな?

【2009/09/28 07:51】 | T様邸工事日記
トラックバック(0) |
昨日は底盤(ベース)型枠を外し、立ち上がり型枠を組み上げるための墨出しを行いました。
ベース型枠払状況ー2
型枠を外している状況です。
この後、アンカーボルトの設置をして型枠を組み込んでいきます。
基礎の上に載ってくる土台の継ぎ手などに干渉しないよう図面を参照しながら正確に配置していきます。

【2009/09/26 07:46】 | T様邸工事日記
トラックバック(0) |
竣工間近のA様邸、洗面化粧台やクローゼットの内部の収納棚などもとりついてきました。
IMG_1550.jpg
広々としたスペースに造り付けの家具も配置され使い勝っても良さそうです。

IMG_1551.jpg
大容量のウォークインクローゼットには棚やハンガーも配置され収納力抜群、収納するものによって棚板も自由に増設できるので物が増えても安心です。明り取りの高所窓もしっかり設けてあります。

IMG_1549.jpg
リビングルームはほぼ完成、床にはまだ養生がしてあって全貌は見えませんが南の窓と北の中庭に面した窓で採光も風の通りも良さそうです。明日は階段が取り付けられる予定です。

【2009/09/23 15:25】 | A様邸工事日記
トラックバック(0) |
9月22日、昨夜の雨も朝方にはあがり何とか一日お天気も持ちそう。
大工7人、クレーンオペレーター、サンキホーム社員二人総勢10名でN様邸の上棟が始まりました。
IMG_1489.jpg
朝礼で安全作業の確認をして作業の開始です。

曇り空ながらも雨の心配はなさそうです。施主様が吊るしてくださったこれのおかげかもしれません。
IMG_1509.jpg

夕方には何とか屋根の下地まで完了できて施主様も一安心
IMG_1541.jpg
今日一日、施主様には色々とご配慮いただき作業員一同感謝しております。
これからの工事も安全第一、満足していただける家をご提供できるよう心して取り組んで参りたいと思います。

【2009/09/23 07:46】 | N様邸工事日記
トラックバック(0) |
昨日は午後から基礎の配筋検査が実施されました。
午前中の社内チェックで一部是正箇所の修正を施し記録写真の撮影をしながら検査を待ちます。
検査の内容は鉄筋の間隔、設計通りの径の物が使用されているか、スリーブ廻りの補強筋の適切な施工などなど

出隅コーナー補強筋状況
鉄筋の重なり(定着長さ)などを検査

人通口
これは人通口(床下の点検のために移動できる通路)
端部には補強筋を施さなければならない。

配筋検査ー4
ERIという検査機関の検査員さん、こうして各部を検査していきます。

検査はもちろん合格、指摘事項もありませんでした。
この後はアンカーボルトのセットの工程に。

【2009/09/20 08:48】 | T様邸工事日記
トラックバック(0) |
T様邸の基礎工事が始まりました。
地盤調査の結果で改良工事の必要がでたため鋼管杭を打ち込みその上に強固な基礎を造ります。
IMGP7957.jpg
砕石敷設、杭の頭が見えています。
IMGP7968.jpg
綺麗に締め固められた状態になりました。
IMGP7999.jpg
防湿用のフィルムをかぶせその上に鉄筋が施工されていきます。
IMGP8004.jpg
今日は第三者機関による配筋検査が午後からあるので午前中に社内検査を実施する予定です、さあこれから現場へ直行です。

【2009/09/19 07:28】 | T様邸工事日記
トラックバック(0) |
お引渡しに向けて各工事は急ピッチです。
外回りでは24日の試運転に向けてガス給湯器が取り付けられました。
IMGP8002.jpg
この給湯器は潜熱回収型の給湯器でわかりやすく言えば排気ガスに潜む熱エネルギーを回収してエネルギーを節約するという構造です。従来型の給湯器のエネルギー変換効率に比べ15パーセント程度効率が良くなっていて最高95パーセント程の熱エネルギーを回収できるようです、排気ガスも排気口に手をかざしても暖かいと感じる程度、驚きます。
内部でもクロス、トイレ床のタイル張り等が進んでいて見違えるようになってきました。
IMGP7980.jpg

IMGP7977.jpg

【2009/09/18 09:02】 | A様邸工事日記
トラックバック(0) |
22日予定の上棟前に土台を基礎に固定する作業が進んでいます。
桧の土台に防蟻材を塗布してアンカーで強固に固定
IMGP7975.jpg
コンクリートの基礎に土台を伏せ終わった状態が次の写真
IMGP7985.jpg
長期優良住宅の認定の下りているこの建物は断熱材の厚みなども明確に決められています、ちなみに今回はアツさ60mmの断熱材を床下に敷き詰めます。
IMGP7998.jpg
この後、28mmの構造用合板を土台のうえに張り、雨養生のためのシートを貼り付けて起きます。
22日頃まではお天気は続きそうでありがたいのですが、本日搬入された柱や梁などの材料にもしっかりシートで覆って今日の作業は終わりとなります。

【2009/09/18 08:13】 | N様邸工事日記
トラックバック(0) |
今日は雨が降り外の工事は中止となりました
内部作業はキッチンを取付けました
20090912193935.jpg
こちらはヤマハリビングテックのキッチンです、カウンター間口が2550mm、奥行きが1010mmあり
調理スペースも広く、おいしい」料理も沢山出来ます、コンロもガラストップになっておりお手入れも簡単ですね。後ろにはカップボードが設置してあり、収納、レンジ、ポットなどスペースが沢山あります

【2009/09/12 19:56】 | A様邸工事日記
トラックバック(0) |
昨日は下水配管を接続する作業終わり、本日は屋内の配管工事です
20090912124653.jpg
こちらの写真は屋内の配管作業中です、配管を将来差替えが出来る様にコンクリートの中に
実管スリーブを埋設、その中に配管を通します
来週からは、ガス配管。床暖房の配管作業となります

【2009/09/12 13:06】 | N様邸工事日記
トラックバック(0) |
クロス工事が始まりました
20090911195744.jpg
ボードのジョイント部分をヘラを使い、パテで均一にしごいていきます
20090911200258.jpg
ボードのジョイント部分にはクラック防止のためジョイントテープを貼ります
今日から1階の天井クロスを貼る作業をしています
外部足場も本日無事に解体できました,明日からは外廻り雨水配管の作業の予定にしていますが
雨が降ると中止とさせていただきます
内部の工事はキッチン取付けとエコカラットを貼る作業となります

【2009/09/11 20:08】 | A様邸工事日記
トラックバック(0) |
生コンクリト打設後、3日間養生してから型枠を解体しました
20090910191335.jpg
冬期になると1週間生コンの養生をします
基礎の出来上がりも大変良く仕上がっています
20090910192130.jpg
こちらは、下水配管の接続をしている所です
建て方の前に配管作業を行い、外部の足場を組みます

【2009/09/10 19:08】 | N様邸工事日記
トラックバック(0) |
N様邸の基礎工事も順調に進み上棟待ちとなっています。

今日は今までの工程写真をアップ

今回の敷地は地盤状況が表層部で軟弱との調査結果が出ていました、そのため鋼管杭による地盤補強工事を実施。
全景1
所々丸い円盤のようなものが見えますがそれが打ち込まれた鋼管杭です。

防湿のためのシートを敷き基礎の重要な部分の配筋作業です。
配筋施工状況 全景
そして第三者機関による配筋検査
配筋検査状況-3
検査に合格後いよいよコンクリートの打設に
生コン打設完了-2
養生の後立ち上がり部の型枠を組みアンカーをセット、太くて長いのはホールダウンアンカー
基礎と柱を直接強固につなぐアンカーです。
IMGP7832.jpg
各部のチェックが終わったらコンクリートを流し込みしっかり固まるまで養生期間を置きます。
IMGP7865.jpg
充分な強度がでるまでしばらくお待ち下さい。

【2009/09/08 16:08】 | N様邸工事日記
トラックバック(0) |
アップが中断していて申し訳ありません。
内装工事も佳境に入ってきました。
ガス温水床暖房のパネルの施工も終わり
床暖\convert_20090905155851
この上をフローリングで仕上げている様子です。
IMGP7826_convert_20090905160512.jpg
床暖房パネルには当然温水の配管が敷設してありますから、釘で穴を開けないよう慎重に作業です。
そしてもう一方では収納家具の製作も進んでいます、積層の材料を組み上げて書斎の家具や、洗面所の家具を造っています。
IMGP7875_convert_20090905161222.jpg

洗面20090905161512
家具類がつくと、後はクロス張りの工事、キッチンや設備機器の取り付けなど目白押し、今月末完成へ向けて工事は急ピッチです。

【2009/09/05 16:23】 | A様邸工事日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。