上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、新聞でこんな記事を見つけました。車の燃料を植物から作られるアルコール系燃料で動くエンジンの開発をメーカーに義務付ける。実際は10%程混合した燃料らしいのですが、全国で使用する量としてはすごいですよね。この燃料、植物から造られているため、燃焼させても取り込まれた二酸化炭素が空気中に戻るだけだから、京都議定書の取り決めにはひかからないとか・・それはともかくとして、使用された植物はまた栽培されて、二酸化炭素を取り込む。再生不能の化石燃料よりはずっといいですね。早期の実現を期待してます。
以前の書き込みに、木材の環境への貢献度についてふれましたが、建物に使われた木材は、建てられてから何十年にもわたって二酸化炭素をストックしてくれてるので、今後木材のリサイクル化が進むと環境貢献度は益々上がると思われます。政府のお偉いさん達、木造家屋を建てた国民や、林業経営者の皆様に思い切ったバックアップの政策を考えて下さいませんか?日本の国土の75%は森林なんですよ。
森の写真2

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

【2006/06/15 22:16】 | 気持ちの良い家
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。