上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年6月20日以降に着工する建築物に対して、適用される改正建築基準法、大きな改正点は、構造計算適合判定を受けなければ建築確認申請が受け付けられない、(建物がたてられない)ということだろう。
構造的にしっかりした建物でないものは、建てられなくなるのは喜ばしいことです。が・・
まだ、細かな情報が不足していて確かなことは言えないのですが、増改築などはどうなるのでしょうか、今まででも、古い家屋の増築などは、建築確認をとるのが困難だったり(現在の基準に既存部分も合わせる必要がある)莫大な費用が掛かったりしたものです。

そして、今回の改正、既存部分の構造計算適合判定などは、実際には難しいのでは?

まだ法施行前で確かなことは解らないのですが、少なからず影響が出てくるのは間違いないでしょう。
118.jpg



FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ←クリックしてみてね。




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

【2007/06/06 22:51】 | 頑丈な家作り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。