上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎工事の続きです。底盤の表面に防湿用のシートを張った状態です。
防湿フィルム

この上に配筋していきます。地盤補強鋼管杭の配筋中の状態はこんな感じです。

基礎中鋼管杭

サンキホームでは基礎も1邸ごとに計算され配筋のピッチも太さもその建物に合った、構造になります。このモデルハウスでは底盤筋も補強筋を密に入れた部分などがあります。いつも基礎屋さんに鉄筋量が多くて大変だと言われるくらいです。
底盤補強筋
配筋全景
配筋完了
この後いよいよベースのコンクリート打設です。夕立がきませんように。
スラブコン打ち

サンキホームの建てるイノスの家では、鉄筋はユニット鉄筋(鉄筋を溶接でくみあげていくもの)もしくは、端部をフック状に曲げたものを使います。当然強度は高いものになります。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2006/08/22 22:08】 | 工事日記(モデルハウス)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。