上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このところ毎日悩んでいます。というのは弊社事務所を移設する計画があるのですが、せっかくですのでお客様にも見ていただけるよう、モデルハウス併設にしようと思っています。プランはある程度固まったのですが、建物の断熱をどの工法にしたらベターなのかということです。ベターと言わせてもらうのには訳があります。どの工法にも一長一短があり、また性質の違いもあるのです。大まかに分類すると
内断熱>グラスウール、発泡系断熱材などを壁内部に入れ込む工法いわゆる充填断熱です。
外断熱>発泡系断熱材(発泡ウレタン等)の断熱材を外部に張り込む工法。
遮熱断熱>外張り、内張りの工法があります。8mm程度の断熱材で両面にアルミ箔が施されています。この材料で建物をくるむ状態にする訳です、いわば昔の魔法瓶(誰も知らない?)状態にする訳ですね。

この他にもそれぞれを複合させたものや、部位(壁、屋根など)で工法を変えることもあります。どの工法にも一長一短はあるのですから、どの工法を選んでも、その工法を理解して確実な施工をすれば問題ない訳です。参考までにそれぞれの工法のウィークポイントを代表的な所だけ紹介しておきます。
グラスウールに代表される充填断熱材はどうしても壁内に隙間ができやすくその空隙が空気の対流を起こし断熱性能の低下を引き起こす事があります。価格は比較的安価です。外張り断熱は、断熱材の連続性があり構造材も覆ってしまうためヒートブリッジ(熱の架橋)も起こしにくいのですが、断熱性能を高めようとすると断熱材の厚みを厚くしなければなりません、そこで問題になるのが外壁の仕上げです、断熱材を貫通させてビス止めするわけですから長いビスが必要です、きちんとした強度のビスでないと外壁材が下がったり目地割れしたりの原因になります。
遮熱断熱は最近の工法でまだあまりデータがないのが現状です。輻射熱を反射してくれるので、屋根などには有効ではないかと思います。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
この他にもそれぞれを複合させたものや、部位(壁、屋根など)で工法を変えることもあります。どの工法にも一長一短はあるのですから、どの工法を選んでも、その工法を理解して確実な施工をすれば問題ない訳です。参考までにそれぞれの工法のウィークポイントを代表的な所だけ紹介しておきます。
グラスウールに代表される充填断熱材はどうしても壁内に隙間ができやすくその空隙が空気の対流を起こし断熱性能の低下を引き起こす事があります。価格は比較的安価です。外張り断熱は、断熱材の連続性があり構造材も覆ってしまうためヒートブリッジ(熱の架橋)も起こしにくいのですが、断熱性能を高めようとすると断熱材の厚みを厚くしなければなりません、そこで問題になるのが外壁の仕上げです、断熱材を貫通させてビス止めするわけですから長いビスが必要です、きちんとした強度のビスでないと外壁材が下がったり目地割れしたりの原因になります。
遮熱断熱は最近の工法でまだあまりデータがないのが現状です。輻射熱を反射してくれるので、屋根などには有効ではないかと思います。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

【2006/05/18 18:19】 | モデルハウスの断熱材
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。