上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構造金物

上棟が終わると構造計算書に基づいて配置される構造金物を取り付けていきます。図面とにらめっこをしながら忘れがないか確認しつつ作業を進めます。構造金物の役割は地震や台風などで建物に力が加わった時に柱と梁、土台と柱など構造体が引き抜けたり、離れたりしないように取付られるものです。ですから、形も大きさもそれぞれの箇所に合わせた形状、強度になっています。ちなみに次の写真は、胴差(梁)と柱、筋交に取り付けられた金物です。 
構造金物1

この部分だけでも結構な量の金物がつかわれます。その他色々な形状の金物がありますから順次紹介していきます。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2006/09/16 12:07】 | 工事日記(モデルハウス)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。