上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N様邸では構造躯体検査が実施されました。
これは瑕疵保険に関連する検査で検査機関の担当者が検査を実施します。
構造用合板釘ピッチ検査状況
床下地の28mm合板決められた間隔で指定の釘が使われているかの検査
釘はCN75 間隔は150mmで打たなければなりません。

梁成検査状況
梁せい検査 
図面通りの梁せい(梁の高さ)で構造が組まれているかの検査

柱・筋交い・金物検査状況
筋交い検査
筋交いが指定の位置にあるか、太さや取り付けられている金物は指定の位置にきちんとあるか

その他色んな構造金物が図面通り施工されているかなどを検査していきます。

外部では屋根瓦工事が終了しました。
IMGP8309.jpg
これは屋根の棟(頂上)の部分 下地にスリット状の空間を空け湿気を含んだ空気を屋外へ排出する出口です。

棟換気取付状況ー3
雨が入らないよう工夫された部材を取り付けた状態

IMG_1730.jpg
葺き上がった屋根瓦、換気棟の部材も綺麗に隠されてすっきり。
スポンサーサイト

【2009/10/12 13:09】 | N様邸工事日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。