上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルコニーの防水

今回採用したのは、防火断熱仕様の防水です。これはあらかじめ勾配のついた発泡断熱材を敷きこみ、その上に11mm程度の防火板(ケイ酸カルシウム板など)を重ね、FRPで防水するものです。工程は次

勾配付き断熱材敷きこみ
勾配付きスタイロフォーム


ケイ酸カルシウム板敷きこみ(ドレン部分)
ケイカル板 ドレン部


横引きドレンセット 横の小さいパイプはオーバーフロー管です。
ドレンセット


ケイカル板ジョイント部目地処理
目地処理


一層目のFRP
一層目FRP

この後もう一層FRPをかけて、FRPを紫外線やオゾンから保護する役目を持つトップコート(保護塗装)で仕上げます。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2006/10/07 21:28】 | 工事日記(モデルハウス)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。