上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M様邸敷地の地盤調査の様子です。

調査方法は一般的におこなわれるスウェーデンサウンディング法

鋼鉄のロッドに荷重をかけて地面に貫入させるもの

貫入が止まった場合はロッドを回転させ貫入、回転だけでは

貫入しない場合はロッドの頭をハンマーで打撃、そうやって

貫入時の音(ガリガリ、ジャリジャリなど)、回転数に対する貫入深度、

自沈深度(オモリだけでめり込む深さ)などのデータから地盤の状態

を推定します。

今回の調査では2.5m~3mの深さに強固な地盤があることがわかりました。

結果に基づき地盤補強工事を計画しなければなりません。

012.jpg
スポンサーサイト

【2010/07/13 17:34】 | M様邸新築工事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。