上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期優良住宅の認定もめでたくおりていよいよK様邸新築工事が始まりました。

丁張り作業も終わり重機で基礎の堀方が始まりました。
丁張りとは工事を着手する前に、建物の正確な位置を出す作業のことで、
別名、水盛り遣り方(みずもりやりかた)とも言います。これは今のように便利な機器がない時代に水盛管と言って水を通した透明なチューブなどで水平を出していたところからつけられた名称のようです。
101117.jpg
位置と高さを丁張りに合わせて重機で掘削していきます。

微妙な高さ合わせは手堀で調整、基礎は文字通り建物の基となる礎、慎重に作業を進めます。IMG_2264.jpg

K1017.jpg
スポンサーサイト

【2010/11/27 17:15】 | K様邸新築工事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。