上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根材で多く採用されているカラーベスト、(コロニアル)古くなって塗装が劣化してくると水分を吸収して屋根下地を傷めたり冬場に吸収した水分が凍結膨張したりして屋根材自体の割れや風化を進行させてしまいます。

IMG_0049.jpg

特に北側の屋根面は日光が当りにくく乾燥が遅いため凍結被害、コケの付着による雨の流下速度の低下、砂埃の沈着がおき易くなってきます。

この状態が長く続くとどんどん状態が悪くなり場合によってはコケや砂埃の厚みが1cm、2cmなんてことになりかねません。

普段屋根の上は目に付きにくく気にならないことが多いと思いますが一度点検をしてみてはいかがでしょう。

屋根の塗り替えをする場合の工程は

1、高圧の水でホコリやコケを洗い流す。

2、浮いた古い塗幕をケレン(へらなどで削り落とすこと)

3、浸透性シーラーというものの塗布(屋根材は塗膜が無いと吸水してしまうためそれを抑える目的と仕上げ塗料
との接着をたかめる効果がある。

4、仕上げ塗料の塗布、通常二回塗りを施します、屋根は直射日光や高温にさらされるため塗料は高品質のフッ素樹脂塗料が望ましいでしょう。価格は高いですが耐久性も高い塗料です。

こうしたリフォームで屋根も美しくよみがえります。
IMG_0079.jpg

屋根や外壁塗装工事を依頼するとき注意して欲しいこと

1、見積の内容をしっかり確認=工事箇所、使用材料名(塗料の種類等)材料で値段が全然違います。

2、工程の内容確認 =吹きつけなのか、ローラー塗りなのか、下地処理は?、何回塗りかなど

3、工程管理及び記録写真など管理がしっかりできる業者か

値段の安さだけで選択すると後悔することになりかねません、訪問営業で軽はずみに発注は絶対やめましょうサンキホームのリフォームはこうした管理体制に含め建築のプロとして雨樋の点検改修、屋根壁の点検も含めた総合的なアドバイスができることが強みです。文字色

可児市ではリフォーム助成事業をしています、もちろん塗装改修工事も対象です、可児市在住で工事業者が可児市内の業者であれば最高10万円の補助が受けられます、本年度の受付は12月28日まで、まだ間に合います!お正月はリフレッシュしたお家でと考えてみえる方は是非ご一報下さい。

サンキホームのリフォームページが内容を充実させてリニュー アルオープン
期間限定のお買い得商品コーナーなども取り揃え公開です。 一度見てみてね.
http://www.sunki-reform.com/

可児市、美濃加茂市、御嵩町、土岐市、多治見市
スポンサーサイト

【2011/11/14 11:23】 | リフォーム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。