上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロアリ被害の防止や腐朽菌から建物を守るためサンキホームでは玄関の土間下部に土間パネルを使っています。

土間パネルとは何?=普通の工法では玄関の土間下は砕石や土を入れてその上にコンクリートを打ち込みタイル等で仕上げを施します。
しかし玄関框付近は土台とコンクリート床面が近く、さらに土間は水洗いしたりするためシロアリの被害や腐朽菌による土台の腐りが発生しやすい場所です。

で、サンキホームでは建物外周基礎内部には腐れやシロアリの卵等が含まれているかもしれない土や砕石を入れないで済む土間パネルというものを使うのです。

IMG_0182.jpg

この上にコンクリートを打ち込みタイル等で仕上げます。
丸い穴はコンクリートが詰まって柱状になります。

サイドから見ると

IMG_0183.jpg


これだけの空間ができています、普通はこの部分に砕石や土が敷きこまれるのです。
お客様に末永く安心して暮らしていただけるよう見えない部分にも心を込めて。

サンキホームのリフォームページが内容を充実させてリニュー アルオープン
期間限定のお買い得商品コーナーなども取り揃え公開です。 一度見てみてね.
http://www.sunki-reform.com/

可児市、美濃加茂市、御嵩町、土岐市、多治見市
スポンサーサイト

【2011/12/14 15:13】 | 頑丈な家作り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。