上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シックハウス症候群」皆さんも一度や二度ならず目にしたりお聞きになったことがあると思います。
近年、家の断熱性や気密性があがるにつれ顕著化し大きな問題となってきました。
 症状は色々ですが、目の痛み、倦怠感、のどの痛み、頭痛、湿疹などさまざまで、それに伴いうつの症状もでたりします。
原因となる主な科学物質をあげるとおよそ次のような物質です。 
● ホルムアルデヒド =接着剤、防腐剤、樹脂の原料などに含まれる
● トルエン     =塗料、溶剤などに含まれる
● キシレン     =溶剤、合成樹脂などに含まれる
● パラジクロロベンゼン=衣類の防虫剤、トイレの防臭剤など
その他あげればきりがないほど原因物質は存在します。
ではどうしたらいいのか?
○ 新築、リフォーム時に原因物質の放散が少ない、あるいは吸着作用のある建材を選ぶ。
○ 換気や通風に配慮した間取り計画をする。
○ 高温になると原因物質の揮発が強まるので夏場締め切り状態の家屋内へ帰宅した時は窓を開放するなど空気の入れ替えをする。
○ 家具やカーテン、電化製品などにも上記の化学物質が含まれているので新しく購入した場合などは換気を良くして室内に化学物質がこもらないようにする。
現代では化学物質の使用されていないものだけで身の回りの生活を維持するのは難しいといえます、ですから防衛としてそういった物質を吸着させたり屋外へ排出させたりといった工夫が必要です、長時間化学物質で汚染された空気の中に居ないことが大事です。症状の現れることが女性、特に家に居ることが多い主婦に多いのはやはり長い時間さらされることが多いためといわれています。
デパートの衣類売り場や家具売り場などで目がシカシカしたり頭が痛くなったりした経験をお持ちの方もいらっしゃると思います、そうした症状が家庭内で起こらない家づくりをしなければなりません。サンキホームでは新築はもとより、今のお住まいでそうしたお悩みのあるかたに適切なアドバイスのできるよう心がけています、是非お気軽にご相談下さい。
スポンサーサイト

【2012/04/19 17:06】 | 気持ちの良い家
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。