上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高温多湿の続く梅雨時、注意しなければならないのは食中毒ばかりではありません。

押し入れの中も点検しないと気が付いたらカビだらけということも

開け放しておくことの少ない収納、当然空気の入れ替わりがあまりありません、その環境では普段でもカビが生息しやすくなっています。

でも少しの工夫でカビが発生しにくくすることはできます。そのポイントは。

1、物を収納内部の壁と密着させない。(空気の通う空間を作っておく)
2、床にはすのこなどを敷いてその上に収納物を置く。(上記理由と同じ)
3、梅雨の晴れ間があれば収納の扉を開け放し換気する。
4、収納物は空間を空けて収納する(腹八分目?)
5、湿気は下部に溜まりやすいので布団などは下部に置かない。
6、クリーニングでかぶせられたビニールカバーは外しておく。(衣類と衣類の間も空けて吊るしてね)
などなど、とにかく風通しを良くすることを心がけましょう。

スポンサーサイト

【2013/06/23 09:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。