上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室内の湿気や乾燥に有効な仕上げ材の中で、実際に使ってみて効果の高かった物を幾つか紹介します。
まずは漆喰シートという材料です。これは本物の漆喰をシート(紙製です)に薄く塗りつけたものなのですが、クロスの様に手軽に使用する事ができて比較的安価です。お客様のお宅でLDKの壁や天井に使用させていただいた事例では、サッシガラスが普通の単層ガラスであったにもかかわらず、冬場の結露が全然気にならなかったと喜ばれています。ただ、表面が漆喰ですので少々汚れやすい事と、左官工事で漆喰を施工したような模様付けなどができません。しかし年数を経てリフォームしたい場合は、ビニールクロスの場合の様に古い材料を剥がす必要は無く、そのまま重ね張りができます、廃材があまりでないのは環境にやさしいですよね。それと厚みが増すので調湿作用の効果も高まるようです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

【2006/05/27 00:47】 | 気持ちの良い家
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。