上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜県各務原の大戸屋さんのトイレの壁に使わせてもらった物に炭漆喰というのがあります。これは漆喰材料に文字通り炭の粉末を混ぜ込んだ材料で、漆喰と炭のコラボレーション効果が見込めそうです。コテ仕上げ施工になりますが、炭の配合比や、コテの扱い方で色んな模様がでたりして面白い材料だと思います。漆喰の原料は、貝殻や石灰岩などから取れる炭酸カルシウム(アルカリ性)が主成分ですから、自然の防カビ作用があるそうです。昔から土蔵やお城の壁に使われてきた様に、防火性能に優れているのも頼もしいですね。
大戸屋漆喰

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

【2006/05/27 15:14】 | 気持ちの良い家
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。