上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県で地震被害が発生してしまいました。被災地の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
当地(岐阜県でもかなりの揺れを感じる程でした)
ニュースの映像では、かなりの家屋が倒壊しているようで、自然界の力は恐ろしいものだと今更ながら感じました。
我々住宅建設に携わる者として、微力ながらできる事と言えば、災害が起こった時に、住んでいる人が、安全に避難できる建物を造る、言い換えれば、どんな地震がこれから起こるか解らないけれど、倒壊するまでに逃げられる時間のある建物を造る、と言う事でしょうか。
我々の造る建物は、構造には特に留意して造っているのですが、自然界の力は、未知の部分もあり、これからもなお一層研究していかなければならないと思いました。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2007/03/26 19:00】 | ひとりごと
トラックバック(0) |

そのとおり。
おうちやさん
ほんとその通りですね。
建築基準法の第一条にも
「生命の確保・・・」と書いてあります。
利益重視ではなく、住まれる方のシェルターになる住宅を提供するべきです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そのとおり。
ほんとその通りですね。
建築基準法の第一条にも
「生命の確保・・・」と書いてあります。
利益重視ではなく、住まれる方のシェルターになる住宅を提供するべきです。
2007/03/29(Thu) 07:45 | URL  | おうちやさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。