上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木や木材の精度は乾燥の工程できまります。
伐採直後の木には多量の水分が含まれています。伐採後は山で葉や枝をつけたまま乾燥させる「葉枯らし」や製材後に行われる「桟積み」「はさ掛け」などあります。こうした時間をかけての乾燥が一番木材のためにはいいのですが、現代の建築の環境はスピードの要求もありますので人工乾燥という手段もとられています。人工乾燥にもメリットはあって樹種に応じての乾燥工程の管理、自然乾燥ではなしえない低い含水率を得ることがあげられます。
木は20%の以下の含水率では腐朽菌の繁殖もしにくく、白蟻などもつきにくくなります。
木は15%前後の含水率を維持したものを使用するのが望ましく、くるいも生じにくくなるといわれています。かつて木造建築に2年間ほどもかけていた時代は、棟上が終わった状態で数ヶ月放っておいたものです。その間に木材が乾燥して落ち着くのをまっていたのですね。
今は乾燥状態を管理して強度や寸法精度に優れた木材を使うこともできるので、構造計算も可能な木造建築物もできるようになりました。
余談ですが、サンキホームでは、イノスの家をあつかっています。これは、住友林業と地域工務店の連携で作りあげたグループで特徴は、PFウッドと銘打った構造材(含水率15%以下、寸法精度-0mm+1mm、全数検査済み構造材)を使い全棟構造計算をした住宅を提供しています。詳しくはこちらを イノスグループ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

【2006/05/30 19:54】 | 頑丈な家作り
トラックバック(0) |


yoshihiro sawano
自然派住宅応援しています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自然派住宅応援しています。
2006/10/09(Mon) 23:27 | URL  | yoshihiro sawano #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。